topimage

2013-09

テレステ "V6の主張" 岡田くんの巻 [13年21号] - 2013.09.25 Wed

テレステ記事ってもしかして初投稿じゃない?
あ、初じゃないかも。(どっちだ。笑)

2013年号も今回で21号なのも驚きだけど、それより"V6の主張" が355回なのも驚き。

濃紺のデニムシャツが可愛い准くんがお当番です。

大河ドラマがクランクインしたこと。
とりあえず、楽しんで撮影に臨んでいるみたいなので嬉しい。
とかく「楽しい」というと、なんか不謹慎な雰囲気もニュアンス的に含まれるような、そんな感じがする時もあるけど、この場合の「楽しい」は英語で言う所の "Enjoyable"。準備万端で臨んで、真剣に取り組み、参加する全員がプロであるが故の「良い現場」が准くんを中心にして出来上がりますように。

ザ・プロファイラーのセカンドシーズンが始まること。
やっぱり「チェ・ゲバラ」のリサーチしてたか。(笑)絶対に准くん好みの人物ですもん。私も好き。始皇帝は三国志マニアの准くんならば外せない人物だし、歴史好きには堪らない土方歳三だし、人物選定を准くんがやったんじゃないか?ってラインナップ。でも、大河始まる前に「黒田官兵衛」をプロファイリングして欲しいな。

永遠の0が12月に公開スタートになること。
CG手がけさせたら無敵の山崎監督なんで、凄いことになるんだろうな~とは思っています。
関係ない話だけど、昔スマスマに金城武くんが出た時に、香取くんと山崎監督の話をしてて。香取くんが「ジュブナイル」で、金城くんが「リターナー」で共に山崎作品に出た後のスマスマで、どれだけ山崎監督の頭の中でCGの完成形が撮影段階から出来上がっているか!って話で盛り上がってたのを、思い出しました。

ものっすごいぶっちゃけますが、原作あんまり好きじゃない(!)んで映画に期待しま~す。

で、夏満喫する予定だったのに、結局ガチャガチャV6で「准一の夏は終わっていく...。」って言われた通りになっちゃったわけね、准くんてば。あながちTBSスタッフさんのあの下らないテロップも間違いではなかったと言う事か。予定調和の人生で、良かったじゃない?准くん?(笑)

今回の撮影裏話は、こちら
だから、英語なら手取り足取り付きっ切りで個人家庭教師してあげるって。
数学も一緒に教えますけど?(←受験生か!)自慢じゃないけど、教え方には定評があるよ?

本が読みたいとか、ご飯が食べたいとか。 - 2013.09.24 Tue

お仕事が忙しいのは何時もの事で、時間が無いのも何時もの事なんだけど、最近は本を読む時間も無いです。

私は、ゆっくり時間が無いと本が読めないってタイプではなくて、読むスピードが早いのでちょっとの時間でも文庫本一冊位簡単に読めるんですけど、読んでも進まない。頭が疲れてるのかな?頭に入って来ないって言うか、読んでてもなんか読みにくい感が付きまとうので、無理して読んでる感じ。

こんな時は美味しいものでも食べたほうが良いかな?と、仔犬(笑)も居る事だし「何か新しい物でも作ろうかな?」と思って、アイディア貰おうと "One Dish" 見てみました。

そしたら、すっかり座り込んで見入っちゃって。
気が付いたら「もう、お腹空き過ぎて我慢出来ないから食べに行こう。」って時間になってしまって本末転倒。何やってるんだ、私です。それにしても、坂本くんのお料理の腕も番組を重ねる毎に、どんどん上手になってて(元々、上手なんだけど。)まさに「継続は力なり」だよね。

長野君の最近のグルメアイドルとしてのメディア露出も、やっぱりこつこつと続けてきた結果だと思うし。そう考えると、V6って「大器晩成」型アイドルっていうか、こつこつと一つの事続けてきて、ゆっくりに見える歩みでも、キッチリ足元固めてるなぁ。とか、妙に尊敬してしまいました。

なので、やっぱり本を読もう。
美味しいご飯もちゃんと作ろう。

それと、准くんの "Growing Reed" の感想も。
3月の祖父江さんからずーっと溜まってるのが気になって気になってしょうがない。溜まった宿題、ずっと提出できてないような感覚。っていうか、"Growing Reed" と "EXPOSURE" の感想は私にとっては准くんとの交換日記(但し、一方通行)みたいなもん。

たいしたことじゃないかもしれないけど、やめちゃうのは簡単だからこそ、細々と、コツコツと。

結局は自分が求められる場所を探している。@EXPOSURE Vol.236 - 2013.09.22 Sun

突然舞い込んできた大きなプロジェクトにてんてこ舞いの毎日に、更に日本から居候が転がり込んで来ました。

イキナリ何の予告も無く「今、サンフランシスコ空港なんだけど。」と電話が掛かってきて、急いで仕事の合間に迎えに行った私の前に現れたのはちょっと疲れてやつれたかな?という感じの懐かしい顔。そのまま我が家に居ついています。雨に濡れた子犬を拾って来て家で飼っている様な気分です。でも帰宅した時にお家に電気が点いてたり、「ただいま」「おかえり」が言える生活はたまには悪く無い。ま、仕事忙しいので深夜帰宅と出張続きで、全然かまってませんけど。(笑)

こうやってふらっと「そうだ、京都へ行こう」みたいなノリで私の所に来たのもちょっと嬉しかったりしたし、何かあったのかな?とか、そんな事を考えながら、仔犬と生活してる毎日です。ふらっと来る距離でもないんだけど、行き詰った時に居場所として必要とされるのはありがたいとも思う。

人生、30年程生きてるとそんな時もある。
何も決めずふらっと足の向くまま、気の向くまま。
何かもかもが全部きっちり決まってれば良いってモンでもない。

きっと昔の私だったら「仕事は?」「何時までいるの?」「何があったの?」と質問攻めしてたかもしれない。でも、今回は「ま、いっか。」と放任主義を貫く予定。仔犬に「気が済むまで居れば良いよ。」って言ってみました。20代から30代前半は効率絶対主義だった私も、最近は「ま、いっか。」が言える様になって来た。人にも、自分にも。

an・an No.1873、EXPOSURE Vol.236 のテーマは、「理想の人生を求めて、僕なりの反省点をいくつか。」

人生なんて、自分の理想になんかなってくれない。
まだまだ若さ溢れる文章に、准くんの「物申したい事」も色々とありそうだけど、少し立ち止まって振り返ってみるのも悪く無いよ?

Read More »

出会い系レストラン。 - 2013.09.22 Sun

ジャニごととは全然関係ないのですが。

友人のレストランをたまに手伝っています。
良く、同僚や他の友達には「フルタイムで仕事して、あんなに忙しいのに更にレストランでバイトするとかなんで?」って吃驚されたりするんですけど、これがね、相当面白いんです。

まず元々レストラン巡りが趣味みたいな所に、美味しいもの作るのも食べるのも大好きで、弟がシェフだったり、母も物凄い料理上手だったりするんで(私、未だに彼女よりお料理上手な人、見たこと無いです。)レストランは大好き。その友人の作るお料理も大好き!なので、人手が足りない時にお手伝い行ったりしています。

そしてもう一つの理由は、人間観察。というか情報収集。
みなさん、レストランでご飯食べてる時に自分達の会話がウェイターやウェイトレスに聞かれてるって意識したこと無いでしょ?でも、本当は凄い聞えているんです。お客同士は意外に聞えてない。お料理や自分達の会話で一生懸命だから。でも、ウェイターやウェイトレスはお客さんの机の様子や、食べるスピード、タイミングなんかを常に見ているので話している内容も結構聞いているんです。それが、面白い。お客様の種類もまちまち、職業も、バックグラウンドもまちまちなので、かなり勉強になります。仕事に役立つ情報を仕入れる事も度々。

そんな訳で、たまにお友達のお店を手伝いのもネットワーク構築と情報収集にはなかなか役に立っています。

で、なんの話だっけ?(笑)
あ、そうそう。今日のお店はドラマがあったって話だ。(爆)

週末は死ぬ程忙しく、5時半の開店から深夜0時の閉店まで、常に待ち列が在る状態なんですけど、たまたま一人ずつで待ってるお客様がいらして、でも大きいテーブルしか開いてなかったので、ウチのお店初の「相席」を試みてみたんです。男性と女性が一人ずつ。

どうなるかな?と思ってたんですが、お酒飲み始めた辺りからぽつぽつと会話をする様になって。それぞれ運ばれてくるお料理を「それなんですか?」みたいな感じで会話が始まって。暫くしたらお料理を分けてあげたりしてて、なんだかとても2人の雰囲気が良い。もうこうなるとホールスタッフ全員が「どうなる?どうなる?」で、耳ダンボ状態。(笑)

お料理を運んだり、お酒のお代わりを聞きに行く度に、小粋なトークを繰り広げつつ、何とか2人で会話してもらおう!と、もう本日のシフトスタッフ超頑張った!結局2時間位掛けてお料理を堪能していた2人。最後に、携帯出して2人で番号交換しているのを見つけた時には、スタッフ全員でガッツポーズ。お帰りになられた後に皆でハイタッチですよ。(←ヒマなわけじゃない。くっそ忙しい中での団結力。)


そして、そんな2人に若いスタッフが気を取られている間に、私はその隣のテーブルを何気に観察してたんですが、こっちは家族連れ。お父さんとお母さんと息子2人と娘1人...と誰もが信じ、和気藹々とした家族のディナー風景だったのです。

20歳前半っぽい娘さんと、その隣に座ってる感じの良い兄か弟...と思ってたら、実は彼氏だったらしく、お食事もひと段落しさてデザートでも?って辺りにイキナリ「パパ、私たち結婚しようと思うんだけど。」と娘が爆弾投下!引きつるお父さんの顔!

「デザートとか勧めてる場合じゃないんですけどーーー!」みたいな空気になり、凍りつくホールスタッフ。(笑)こっちも「どうなる?どうなる?」な状況な訳ですよ。さっきの相席2人とは別の意味で、息をのむ展開なんですよ。その間も、苦虫噛み潰した顔展開中のお父さんと、そんなお父さんの反応を知らん振りしているお母さん、そしてめちゃくちゃ気を使い出しまるで「中間管理職」と化した高校生位の弟。

「場の雰囲気をなんとしても元に戻すんだ!」指令を発令し、ホールスタッフがそこでも大奮闘。結果、最後にはお父さんも笑顔でお帰りになられたんだけど、こっちは帰られた瞬間「つかれたーーーー!」とホールスタッフ全員でため息。(笑)

いやいや、レストランってドラマの連続。
今日じゃないけど、「プロポーズ大作戦」があったり、「彼女の誕生日をサプライズで祝ってあげよう大作戦」とか、「別れ話展開中カップル」とか「超・倦怠期の中年夫婦」とか色んな人達がご飯を食べに来る。テーブル全部捌いて、仕切りながらそういうの観察出来る場所はなかなか無いので、やっぱりこのバイトは細々と続けよう。そう、思ったのでした。

くだらないけど、なんか今日は人間ドラマが一杯あったんだ。
そう、言いたかっただけ。

では、おやすみなさい。

3歳になりました! - 2013.09.14 Sat

細々と続けていた前のブログからお引越しをする事にして、新たなブログとして「想イノカケラ」がスタートして3年になりました。

この3年の間に、3年前には想像も付かなかった位、沢山の出会いが有って、それまで12年程ひたすら孤独だった私のVヲタ生活が信じられない位華やかになりました。一気に世界が広がって、とても暖かく、素敵な笑顔や出会いの溢れるヲタ人生なんて、もう一生無い物と思ってたので、3年前の自分に「凄いよ!」って教えてあげたい位。

これも単に、この拙いブログを訪れて下さる皆様のお陰です。
コメントを書いてくださったのをキッカケに、プライベートでも親友と呼べる位仲良しになったお友達も出来ました。遠くアメリカまで、遥々遊びに来てくれたお友達も。そして、V6とは、ジャニーズとは関係無い所でも、常に寄り添って支えてくれるお友達も。

このブログがキッカケで、信じられない様な出会いもありました。悲鳴をあげてしまった程のサプライズな出来事も。

まだ直接お会い出来て居ないけど、コメントを残して下さる皆さん。
コメントを残さなくとも、覗いて下さる皆さん。

皆さん、全員が私の支えです。
いつも独りよがりな文章ばかりを書き連ねていて本当に申し訳ない。
場所柄、情報発信なブログにはなれなくて、いつも後手後手の感想ブログで、見に来て下さった皆さんには "Out Dated" な情報ばかりですみません。

このブログとTwitter。
この2つが、私とV6とを繫ぐ唯一(唯二?)の手段と言っても過言じゃ無いかも。
その中でも「自分のお部屋」みたいなこのブログは、たまに忙しさで放置してしまうけど、やっぱり私のホームグラウンドです。

まだ見ぬ友も。
いつも側に居てくれる友も。
おバカなつぶやきに付き合ってくれる友も。
そして、世界で一番素敵な5人のアニキと、世界で一番大好きなその末っ子に。

両手に持てるだけ目一杯の、愛と感謝を送ります。
本当にどうもありがとう。

拙い管理人ですが、これからも末長く沢山よろしく。

しぃ。


ふじしまんだ! @東京バンドワゴン - 2013.09.12 Thu

結局の所、まだ一度も見た事の無い「警視庁捜査一課 9係」(衝撃のカミングアウト。笑)第8シーズンも9月11日に最終話で終了。また一年、ワクワクしながら「新シーズンあるかな?」とか「主題歌はなにかな?」って考えるのが楽しい。例え、見たことが無くても。(笑)

勿論、永遠に続くわけは無いのだから、何時かはこのテレビシリーズも終わってしまうのだろうけど、やっぱり毎年この季節になると「あさわんこ」がV6ヲタの関心事になるのは嬉しい。それと「9係 主題歌遍歴」を考える事が私の醍醐味かな?

そんな「今年の浅輪くん」最終日の翌日。
今度は「ふじしまん」登場のお知らせ!


小路幸也さんの人気小説「東京バンドワゴン」シリーズがドラマ化。
10月12日(土曜日)夜9時から日テレ系列でスタート。

既に公式サイト(こちら)も出来上がって、デコ全開...というか、7・3分け?なよっちゃんの写真もどど~んと登場。

東京バンドワゴンシリーズは、大好きな小説の一つなので映像化されるのが凄く嬉しい上に、よっちゃん出演とあれば見ます、見ますよ~!

我らがよっちゃんは、老舗古書店「東京バンドワゴン」の常連客、藤島直也。
IT会社の社長で古書好き。小説の藤島さんの優しい雰囲気は、よっちゃんにピッタリじゃないかな?

ガナトが玉置さんだったり、青が亀梨くんだったり、なかなか個性的なメンバー揃い。原作もかなりの量が既に出版されているからテレビシリーズも暫く続いてくれると嬉しいし、この機会にまた読み直そうかと、とりあえず本箱から文庫本全部手前に引っ張り出して、平積みしてみた。これから暫くは、私のBed side storyになりそう。

気になる主題歌は?と思っていたら、公式サイトに玉置浩二さんの「サーチライト」(11月27日発売予定)って書いてあったー。残念。でも、亀梨くんが「青」をやるから、玉置さんかKAT-TUNだろうな~とは思ってたので、ダメージは少ない。

DVDに焼いてもらった過去の「9係」を先に見るか。
それとも、折角だから「東京バンドワゴン」シリーズを読み直すか。

秋の夜長に嬉しい悲鳴。

JAPAN FILM FESTIVAL OF San Francisco - 2013.09.08 Sun

気が付けば、一月が経っていました。
月日の経つのは本当に早いものです。年取る訳だ。(笑)


7/28~8/4の一週間、サンフランシスコ市内にて "JAPAN FILM FESTIVAL OF SAN FRANCISCO"が開催されていました。

20130908-01.jpg

出品作品は、全部で16本。

【映画】
- 悪の経典
- エヴァンゲリヲン 新劇場版:Q
- おおかみこどもの雨と雪
- SPACE BATTLESHIP ヤマト
- TIGER & BUNNY: The Begining
- 図書館戦争
- ナルト -疾風伝- ザ・ロストタワー
- 劇場版 HUNTER X HUNTER: 緋色の幻影
- ヒミズ
- プラチナ・データ
- ベルセルク -黄金時代篇 II-
- へルタースケルター
- 夢売るふたり
- るろうに剣心(実写映画版)

【ドキュメンタリー映画】
- モバイルハウスの作り方(坂口恭平)
- RENT A FAMILY INC.

日本で公開されて間もない物、大分月日が経過しているもの、初めて聞くタイトル。
色々とありますが、基本、日本で公開されている邦画やアニメ映画がサンフランシスコで上映されるのは非常に珍しい事。

その中でも、ひときわ光る5文字!

と、

と...と...、

『図書館戦争』 キター!o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

今回のフェスティバルが発表されて、直ぐに主催を調べたらなんと友人が主催者だったので、速攻連絡して「図書館戦争」のチケット押さえました。相方もNYから映画を見に飛んできてくれました。

記念すべき「第一回」の "JAPAN FILM FESTIVAL AT SAN FRANCISCO"。
ゲストスピーカーとして、訪米して下さった佐藤監督のインタビューも含めて「図書館戦争 in San Francisco」の感想です。何時もの事ですが、長いです。

Read More »

同じ日、同じ記念日。 - 2013.09.04 Wed

1995年9月4日。

今は無き「六本木・ヴェルファーレ」にてV6のデビュー記者会見が行われたのが18年前。
このメンバーでのデビューが嬉しくて、翌日のスポーツ新聞を買いに行ったのを覚えています。

この「9月4日」という日。
実は、もう一つの記念日です。

V6のデビューイベントを行った、V6にとっては聖地でもある「代々木第一体育館」の設計者:丹下健三の誕生日でもあります。

彼が生まれたのが、1913年9月4日。(2005年3月22日没)
今年で100周年。気付いた方もいらっしゃるかもですが、9月4日(日本時間)のGoogleトップページが「丹下健三氏 誕生100周年記念」ロゴになっていました。丹下氏は戦後の日本建築界の先駆者であり、それこそ「代々木第一体育館」の設計により、日本の建築力を世界中に知らしめた人でもあります。彼の作品は山の様にありますが、わかりやすい物では「広島平和記念公園」「新東京都庁舎」「フジテレビ社屋ビル」「国際連合大学」「新宿パークビル」などがあります。まさに、日本建築界の重鎮でした。

V6と丹下健三氏。
同じ記念日を共有しています。

偶然だけど、感慨深い。


因みに...。

- 丹下氏が無くなった2005年はV6の10周年
- 3ヶ月後の6/22に"UTAO-UTAO"を発売
- 代々木国立競技場(第一体育館)完成が1964年なので来年で50周年記念

とか、探してみたら色々ありました。ちょっと、面白かったかも。

何はともあれ『結成18周年』本当におめでとう。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

しぃ。

Author:しぃ。
サンフランシスコからロスへお引っ越ししました!相変わらず建築エンジニアをしています。建物と写真と美味しい物、そしてVの末っ子をひたすら愛でる日々も相変わらずです。

お願い

平家派CDデビューを応援すべく、署名運動をしております。署名はサイト内にございます「署名フォーム」より受付中です。ご興味のある方は是非ご覧下さい。

平家派バナー01

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カウンター

カテゴリ

未分類 (1)
しぃ。の事 (73)
V6 (420)
准くん ごと (39)
准くん ラジオ (26)
准くん 雑誌 (28)
関ジャニ∞ (35)
TOKIO (3)
SMAP (3)
NEWS (15)
テゴマス (2)
嵐 (10)
平家派 (0)
ジャニ事いろいろ (27)
チャット (13)
ちょっとした日常 (55)
拍手&コメントお返事 (40)
トラックバックテーマ (2)
アンケート (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

お友達のブログ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR