topimage

2017-08

それぞれの形。 - 2011.12.01 Thu

出張から帰ってきて久しぶりにオフィスに出勤したら、私が不在の間に色々とあったらしく、チームの子達が入れ替わり立ち代わり私のオフィスに来ては、愚痴ったり報告したり。

その中の一人の子が「彼女に子供が出来たので、来年パパになります。」と報告してきた。
彼は28歳。既に4年付き合って一緒に住んでいる彼女が居るんだけど、先週末その彼女が妊娠したのが分かったと嬉しそうに教えてくれた。私も良く知ってるし、一緒に飲みに行ったりする彼女なので凄く嬉しかった。

ひとしきりおめでとうトークをして、ふと。

「このシチュエーション、日本ではこんな反応にはならないだろうな。」と。

男として責任を取るとか、結婚するのかとか、否定的とは言わないけど「建前」が先行するはず。そう考えると、私の周りもシングルマザーとか未婚で子供の居るカップルとか、はたまたゲイ・カップルで子供を養子として引き取ってキチンと育てている人達とか、多種多様な状況が揃っている訳です。特にシングルマザーは凄く多い。でも、ママ達はちゃんとフルタイムでお仕事してるし、子供の事も一生懸命やってる。何が違うのかな?と思うとやっぱりサポートが多い事かな。

会社も基本「子供と家族の必要」な事項に関し"NO"と言ってはいけない。
例えば、「子供の担任の先生と面接があるから、この日は早退したい。」と言う申請に対して、会社側は「会議があるから駄目。」とかは言え無い。家族あっての従業員っていう考え方が根底にあるし、男性社員も「育児休暇」の取得が認められている。私なんかもっと放任主義だから、オフィスの中で静かにしているんだったら、最悪「子供連れて来ても良いよ。」って言うし。(もちろん、毎日では無いけどベビーシッターが急遽見つからなかったとかの非常事態には、OKを出す。)

だから、先出の彼も「本人達が幸せで、生まれてくる子供が祝福されているのが基本」なので、結婚とかそういう形にあまりこだわらないっちゃ、こだわらない。もちろん、この曖昧さで問題が多いってのも事実だけど。

ドラ・トーザンさんがゲストだった先回のGRでも「本人の幸せが一番」って言ってたけど、それはフランスに限らずアメリカでも同じ。家族の形はきっと変わらなくて、やっぱり基本は父親と母親、そして子供が家族として一緒に暮らすというのが理想の形だろうけど、それが難しくても決して「失敗」ではないし「卑下」する事でも決して無い訳です。じゃないと子供が可哀相だし。

ウチの会社のシングルマム達もホント元気。
子供が居ても、恋はするし、仕事も頑張るし、子供達同士も仲良しだし。

でも、頼むから社内でおめでた話が出る度、私に「子供作らないの?」って聞くのはやめて下さい。(笑)親戚のおばちゃんが社内に居る気分になるんで。

● COMMENT ●

そうなんですねー。

こんばんは〜☆
DVD発売から興奮が冷めやらぬ中、う〜ん、と興味深い内容でした!
来年パパになる彼の報告。私もてっきり「だから結婚しますっ!」という事なのかと思ってしまいました。
ダメですねー‥
しぃさんの仰る通り、幸せの形はそれぞれで、その幸せを認める環境は大切なんだと。
まだまだ日本はその環境が整っているとは、到底いえない訳で(北の国からか‥)。どうしても会社都合の方に重きを置いてしまいがちですもんね。
その点やはりそちらは進んでいるんだなぁと思います。
幸せは本人がそう思わなければ、幸せではない。当たり前ですがなかなか、そう思うことができずについついモノを手にする事で幸せと感じてしまいがち。
でもV6のコンサートで心の底から楽しかった☆幸せだよー☆と思える事ができる環境がある自分はラッキーなのかもしれないです。
なんか取り留め無くてスミマセン。

こんばんは、部下の方々はボスの帰りを待ってたんですね^^入れ替わり立ち替わりする姿を
勝手に想像しちゃいました。
子供が出来た=結婚します。ではないんですね・・シングルマザーが多くしかもお仕事もできるというのは驚きです。サポートが充実していて、子供に対する考えが柔軟だからなのでしょうか・・
個人を大切にするお国柄もあるのかなとも思います。
会社優先、仕事優先と思い込んでいるところはありますね、子供が小さい頃私が具合が悪くて
寝込んでも夫が仕事を休むってことはなかったです・・私も休んでくれとは言えませんでしたけど(-_-;)こういう環境でふつうと思っている自分もいて複雑です。なんだか違いをずしっとかんじちゃいました。違いというより、それぞれなんだなぁと・・思いました。

コメントお返事

◆ しーな さん
彼と彼女の間にお子さんが出来たのは私も凄く嬉しかったです。
でも、やっぱり私も「ちゃんと結婚したら?」って思った人間です。本人達の為と言うより、生まれてくる子供の為に。結婚してなくても二人は「パパ」と「ママ」になるし、こちらでは正式に結婚してなくても、保険とか税金とか色んな事が「扶養者」として認められるのですが、やっぱり「家族」を作ったら?と思いました。私も古風なんですかね?でも、私も上司も後で「結婚しないのかな?」って言ってたので、やっぱり理想は「家族」という単位を作る事かな?

確かに「結婚」という枠にとらわれなくても、生活出来る、子供を育てる環境は凄く整っているので、必要に迫られないというのもあるのかもしれませんね。結婚してたら幸せになれるのか?って言ったら、そうじゃないし。結局は本人の考え方次第なのかな?って思います。私も、じゃぁ「幸せってなに?」って言われたら分からないですもの。(笑)

でも、准くん見てるときは死ぬほど幸せです。コレは絶対に間違いない。
胸張って自信を持って心の底から「幸せ」って言えます。


◆ ふう☆ さん
ホント、待ってたみたいです。(笑)
結局昨日も仕事帰りに「飲みに行こう!」と何人かに誘われました。彼らの愚痴を聞いて、他愛も無い話をして飲んで帰ってきましたが、たまにはそうやって気晴らしをするのも必要なので楽しかったです。本当に、入れ替わり立ち代わりコーヒー片手にオフィスに来ては喋っていって、そして仕事に戻る。根詰めてる仕事でもあるんで、話を聞ける上司で居てあげたいなって思います。

良くも悪くもシングルマザーが珍しいシチュエーションでは無い。というのも関係していると思います。やっぱり若くして結婚して子供が出来て分かれたり、未婚で子供を生んだり。シングルマザーだけじゃなく、離婚して子供を引き取って自分で育てているお父さん達もいます。やはり違うのは社会全体に理解がある事と、サポートする環境が既に整えられている事なのかもしれません。

でも、うちも結局は日本人夫婦なので、アメリカ人のご夫婦を見ていると、本当にマメにお父さん&旦那さんが家の事を手伝ったり、奥様をヘルプしたり、おもんばかったりしているので凄く羨ましいです。でも、ふう☆さんが仰るように個人それぞれなんだと思いますよ。アメリカ人全員がそうだと言う訳ではないし、家族を省みなかったが為に離婚も多い。

どっちが良いのかは私にも良く分かりません。ただ概ね言えるのは「アメリカの方が子供を育てる環境が整っている。」という事かな?ウチには子供は居ませんが、気分的にも「もし生んで育てるならこっちかな?」と思っている自分が居ます。


管理者にだけ表示を許可する

週6でよっちゃん。 «  | BLOG TOP |  » 「拍手&コメントお返事」

プロフィール

しぃ。

Author:しぃ。
サンフランシスコからロスへお引っ越ししました!相変わらず建築エンジニアをしています。建物と写真と美味しい物、そしてVの末っ子をひたすら愛でる日々も相変わらずです。

お願い

平家派CDデビューを応援すべく、署名運動をしております。署名はサイト内にございます「署名フォーム」より受付中です。ご興味のある方は是非ご覧下さい。

平家派バナー01

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カウンター

カテゴリ

未分類 (1)
しぃ。の事 (76)
V6 (424)
准くん ごと (39)
准くん ラジオ (26)
准くん 雑誌 (28)
関ジャニ∞ (35)
TOKIO (3)
SMAP (3)
NEWS (15)
テゴマス (2)
嵐 (10)
平家派 (0)
ジャニ事いろいろ (27)
チャット (13)
ちょっとした日常 (55)
拍手&コメントお返事 (40)
トラックバックテーマ (2)
アンケート (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

お友達のブログ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR