topimage

2017-06

結局は自分が求められる場所を探している。@EXPOSURE Vol.236 - 2013.09.22 Sun

突然舞い込んできた大きなプロジェクトにてんてこ舞いの毎日に、更に日本から居候が転がり込んで来ました。

イキナリ何の予告も無く「今、サンフランシスコ空港なんだけど。」と電話が掛かってきて、急いで仕事の合間に迎えに行った私の前に現れたのはちょっと疲れてやつれたかな?という感じの懐かしい顔。そのまま我が家に居ついています。雨に濡れた子犬を拾って来て家で飼っている様な気分です。でも帰宅した時にお家に電気が点いてたり、「ただいま」「おかえり」が言える生活はたまには悪く無い。ま、仕事忙しいので深夜帰宅と出張続きで、全然かまってませんけど。(笑)

こうやってふらっと「そうだ、京都へ行こう」みたいなノリで私の所に来たのもちょっと嬉しかったりしたし、何かあったのかな?とか、そんな事を考えながら、仔犬と生活してる毎日です。ふらっと来る距離でもないんだけど、行き詰った時に居場所として必要とされるのはありがたいとも思う。

人生、30年程生きてるとそんな時もある。
何も決めずふらっと足の向くまま、気の向くまま。
何かもかもが全部きっちり決まってれば良いってモンでもない。

きっと昔の私だったら「仕事は?」「何時までいるの?」「何があったの?」と質問攻めしてたかもしれない。でも、今回は「ま、いっか。」と放任主義を貫く予定。仔犬に「気が済むまで居れば良いよ。」って言ってみました。20代から30代前半は効率絶対主義だった私も、最近は「ま、いっか。」が言える様になって来た。人にも、自分にも。

an・an No.1873、EXPOSURE Vol.236 のテーマは、「理想の人生を求めて、僕なりの反省点をいくつか。」

人生なんて、自分の理想になんかなってくれない。
まだまだ若さ溢れる文章に、准くんの「物申したい事」も色々とありそうだけど、少し立ち止まって振り返ってみるのも悪く無いよ?





左上にプロファイラー・セカンドシーズンの撮影風景ショットが一枚。
「チェ・ゲバラ」ではないか!准くんに演じて欲しい歴史上の人物の一人に、ゲバラが有る私としてはちょっと嬉しい。って余談でしたね。


お仕事柄、自分のネガティブな感情を外に出すべきではないと「理想はノーブラック岡田」を掲げる准くん。確かに大人として、社会人としてもネガティブな感情を周りの人に出すべきではないけど、役者の仕事は自分の人生や経験を切り売りして役を作り上げていく事だと思うので、そんな感情を持つのは悪いことじゃないと思うよ?

それにしても「ノーブラック岡田」とか言っちゃうのがかわいい。
お近くに「ブラック長野」が居るのにねぇ。

「V6はなぜか打ち合わせが大好きで」
「V6のメンバーはみんな優しいので」
「昔から"妥協"という言葉が嫌いでもあり」

と、オブラートに包んでは居ても言葉の端々に末っ子の主張が見え隠れする。
色々と理解を示そうとはしててもやっぱりまだまだ気持では納得してないのか、ちょっとは口尖らせて言ってみたいよね?ふふ、可愛い。段取り良くって言うより、准くんの場合は勘がいいんだと思う。だから色んな物に良く気が付く。ああすれば良いのにとか、こうすればもっとムダが少ないのにとか。

「せっかち」なのは決して悪いことじゃない。
常に物事の本質を探って、それを完成させる近道だと私は思うから。
でも、准くん確かに我慢強くないトコありそうだし(笑)自分で気付いている以上に良くも悪くもマイペースだから、周りの人とペースが合わなくて歯痒くなる事も多いんだろう。仕事のせいじゃないと思うよ?

私も若い頃は絶対効率主義者だった。
自分がA地点に居て、ゴールがC地点だとしたら「効率良く、どれだけ早くゴールにミス無くたどり着けるか。」そればかりを考えていた。周りの人間の感情とか、自分よりペースの遅い人間の事なんかお構いなしだった気がする。私のスピードに着いて来れないなら着いて来なくていい、それだけの能力が無いんだから。そんな風に考えてた気がする。

「映画:図書館戦争」の中の堂上教官と手塚の台詞の中に「お前は優秀な人間だ。だが自分のレベルに達しない奴を切り捨てていったら最終的に何が残る?」って言うのがあったけど、この台詞と全く同じ事を何度と無く父に良く言われました。その度に、手塚と同じ様に「優秀に見えるってのは、それだけ私が努力して結果を残している証拠だ。結果が見えない人間は怠惰でしかない。」と反論していたものです。

今だったら「正論は正しい。だが正論を武器にするのは正しくない。お前が使っているのはどっちだ?」の質問に前を向いて答えられると思うけど、昔の私には聞かないで下さい。正論を武器にして人を切り捨てる事を「能力の高さ」という言葉で正当化していたから。

きっと准くんも30を過ぎて、何となくそのバランスが分かりかけているんじゃないかと願う。まだまだ、32の等身大の男子には納得出来ない所もあるでしょうよ。でも少しづつ「妥協」じゃなく「落としドコロ」を見付けて行けたら人生はもうちょっと理想に近づく。自分の居場所と周りのバランスとか流れとかそんな事を考えられるようになって来た准くんは、もっともっと成長していける。それを人は「謙虚さ」と言うんじゃないかな?

「自分が一番だと思って他人を否定したくない。」

そう言う准くんの言葉が、きっと准くんが模索している理想の人生のこれからの鍵になりそう。等身大の准くんは「単なる格闘技好きな32歳」でもあるけど、それより本当は「6人で居ると1人で仕事してる時みたいにちゃんとできない」末っ子なんだよ?頑張ってちゃんとしなくたって良いよ。准くんの意見もゆっくり聞いてくれる「優しいV6のお兄ちゃん達」に少しは主張してみればいい。

そんな末っ子がやっぱり可愛くて仕方ないんです、結局はね。

それにしても「せっかち」の例として「お風呂はゆっくり入るけど、服を脱ぐのは早い。」ってその情報要る?(要るな、うん。)もう、私の脳内ではシャツとパンツを慌てて一緒に脱ぐ准くんしか再生されないんですけど?で、そのままお風呂場で全裸で「瞬間移動の練習」してるんでしょ?もう、准くんてば。(笑)

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://omoinokakera6.blog.fc2.com/tb.php/640-b1e78dab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本が読みたいとか、ご飯が食べたいとか。 «  | BLOG TOP |  » 出会い系レストラン。

プロフィール

しぃ。

Author:しぃ。
サンフランシスコからロスへお引っ越ししました!相変わらず建築エンジニアをしています。建物と写真と美味しい物、そしてVの末っ子をひたすら愛でる日々も相変わらずです。

お願い

平家派CDデビューを応援すべく、署名運動をしております。署名はサイト内にございます「署名フォーム」より受付中です。ご興味のある方は是非ご覧下さい。

平家派バナー01

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カウンター

カテゴリ

未分類 (1)
しぃ。の事 (74)
V6 (423)
准くん ごと (39)
准くん ラジオ (26)
准くん 雑誌 (28)
関ジャニ∞ (35)
TOKIO (3)
SMAP (3)
NEWS (15)
テゴマス (2)
嵐 (10)
平家派 (0)
ジャニ事いろいろ (27)
チャット (13)
ちょっとした日常 (55)
拍手&コメントお返事 (40)
トラックバックテーマ (2)
アンケート (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

お友達のブログ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR