topimage

2017-11

Growing Reed - 2014/1/19 放送 ソニア・パークさん - 2014.03.12 Wed

重鎮ソニア・パークが満を持しての登場。

私の愛読雑誌 "Casa BRUTUS" を始めとして、ファッション誌、インテリア雑誌、とにかく雑誌で彼女の名前を見ないことは無いカリスマ・スタイリスト&クリエイティブ・ディレクター。

ソニアさんのお洋服はちょっと私のテイストではないのだけど、雑貨類を見に "ARTS&SCIENCE" の第一号店でもある代官山のお店は日本に帰ると必ず行くし、「食」をコンセプトにした彼女のお店 "DOWN THE STAIRS" もこの間日本に帰った時に行ってきました。どうしてかというと、私の大好きな陶芸家 スティーブ・ハリソン の食器をお店で使っていると聞いたので。

准くんとはデビューの時からの知り合いだそうで、二人の会話も和気藹々でした。

今日のテーマは「嘘のない生活とは、どんなものですか?」

それでは、下記に。





今週は「一つのテーマの専門家をお呼びして~」でした!
(なんの話か分からない方は、先回のGR記事を!)

鼻声治ってます。良かった。

「ソニアさん、お久しぶりですね!」っていう准くんの第一声に「お久しぶりです」っていうソニアさんの低い声が格好良すぎる。声の低い女性大好き♡ (私も低いから。笑)

准くんのデビューの時のスタイリストさんだったので、その時のポラ探してこようと思ったというソニアさん。「いや、いいっすよ!そんな。」ってちょっと照れながら言う准くんが可愛い。ソニアさんがスタイリストの他にも色んな顔を持っていて「ソニアさんは,今何者なんですか?」って言う准くんの問いかけに、「岡田くんだって色んな事やってるから、自分は...俳優?アイドル?なんか、ね!DJ?色々やってるから。」って言う時のソニアさんの語りかけ方は凄く柔らかい感じで、居心地よい人だな~と思う。

第一線を突っ走って来たカリスマ中のカリスマ・スタイリストだからもっとエキセントリックだったり、自己主張強い人でも不思議は無いけど、全体を通じて語り口調が柔らかい方でした。

★ ソニアのショッピングマニュアル
私も3冊共持っていますが、実は自分で買ったのではなく友人から貰ったんです。でも雑貨(特にキッチン雑貨)が好きなのと、本の装丁が好みだったので、ソニアさんおすすめアイテムが紹介されているこの本は眺めてて面白かったです。タイトルも、センスイイな~って思ったし。(1冊目が "1 to 101" な所とか)アメリカの「お、これ持ってる!」」ってブランドもあれば、ヨーロッパや日本の「こんなブランドあるんだ!」というモノもあったりしてそう簡単には買えないので私は「悪魔の本」の犠牲にはならなかったよ?(笑)

ソ「岡田さんもそれ(著書:ソニアのショッピングマニュアル)読んで頂いているんですね。」
岡「ん?読んでますよ?(白々しい)」
ソ「その中の何か買いました?」
岡「...(沈黙の後、鼻で笑いながら)もちろん!(超うそ臭い。笑)」
ソ「あはは!」
岡「もちろん!」

ぜってー嘘だ。(笑)だけど、准くんが好きそうなシンプルな雑貨もあったから何かひとつくらいはソニアさんのお店とかで買ってそうだね。最初の1冊め目を出版してから10年が建っているので再編集したいなと思っているらしいソニアさん。一応ご本人は3冊で完成っておっしゃってるけど、4冊目がそろそろ出るのかな?だからGR呼ばれたのかな?なんて勘ぐってみる。

実はマニュアル雑誌が大嫌いなので、「理想の暮らし」とか「今、これが買い!」みたいな雑誌は、それを買わないとまるで「あなたの生活は幸せじゃない」って言われている気がして本当は苦手です。でも、日本って本当にモノがあふれているから、自分のテイストに合うものを見つけるチョイスが多いなとは思います。特に東京は。

★ どうして東京?
ソウル生まれ、ハワイ育ちのソニアさんがどうして東京を選んだのか。
だいぶ前に対談雑誌で見たのは「サンフランシスコのコム・デ・ギャルソンのショップで見た洋服に凄い衝撃と感動を受けたのとか、当時のボーイフレンドが日本人だったのとか。今までアメリカやパリのお洋服とかにあまりピンと来るものが無かったけど、ギャルソンが衝撃的だった。」って話でしたが、今回も同じ様に「ギャルソンの服見て、自分にすごいハマって『私は東京に行く!』って思った」って話しておられました。

東京が今、世界のトレンドの発信地だなとは私も思う。
建築にしてもお買い物にしても食にしても。どうしてここまで一極集中するのか、本当に理解出来ない位、不思議な現象だなとは思う。悪い言い方すると「物欲強い人種だな」とか思うし、発信されてるモノも多いので乗っかりやすいってのもあるなとも感じる。流行り廃りの波が激しいのもそれが理由だろうけど、その分アンテナ広げてる人には常に色んな発見が出来るエキサイティングな街であることは確か。

★ ソニアさんのお店
スタイリストの仕事で海外のお店で見つけたモノ、自分が欲しい!と思ったモノ、大事にしたいモノを紹介したいなと思ったのがきっと最初なんだろうけど。それこそ代官山のお店なんか凄く小さいスペースで「The ソニア・パーク」って雰囲気のあるお店。他のお店も似てるかな?表の大通りからちょっと中に入った小さいスペースのお店が殆ど。パリのお店は行ったこと無いけど、他のお店やギャラリーも「落ち着いた雰囲気のシンプルなお店(だけど高い!)」で統一感があります。

「消費者の責任」についてのソニア論。
アメリカはホントに「歴史と伝統」より「安くて大きいモノ主義」な感じがあって、「職人技」にワクワク・ゾクゾクする私としてはつまんないなって思う事がとても多い。上質の物を買って、それを大事に愛でながらずっと使うっていう姿勢が薄れてて凄く寂しい。

でも、先週の話じゃないけどアンティーク・ショップめぐりすると昔のキルトとか見つけて、大事に大事に受け継がれて使われてたんだなと、歴史を感じる事もあるから一概にアメリカがダメって訳ではないと思いたいけど。そういう意味では、伝統を重んじる日本やヨーロッパは職人が作り上げる「匠の一品」が多く有って、そういうモノを大事に使わない(消費しない)が故に廃れていってしまう一端を消費者も担っているんじゃないか?っていう考え方には共感。

例えば、私個人の話なんですけど。
私、綿シャツが大好きで、日本に凄く大好きな「老舗シャツメーカー」があるんですが、トラディショナルでシンプルで上質仕立てのシャツが揃っててずっとイイなって思ってたのに、なんかこの数年で一気に店舗が増えて、同時にトレンドに流され初めて。この間帰国した時にショップ行っても「ん~、これって今年しか着れないな。」ってデザインになってて残念。結局、色んなブームに流されて右往左往する消費者にも責任あるなぁ、ってお店を見回しながらふと寂しくなりました。で、がっかりしながらその足でソニアさんのお店に言ったら「これ!」って言う綿の白いシンプルなシャツが有って結構いい値段した(5万位した気がする)けど即買いしてしまった。って事は、ソニアさんの罠にまんまとハマってしまってるって事か。

正しい人になりたいソニアさんと、優しい人になりたい准くん。
優しい人に准くんはなれてるかな?ん~、私はまだ分からないや。そういう人になりたい!って言っているって事はまだ自分では納得言ってないんだろうし。でも、人間「自分は優しい人間だ」って言っちゃたらハンブルじゃなくて結果優しくない人だから「こうなりたい」って思いながら生きている准くんが好きです。

ソニアさんも自分に素直な人なんだろうなって感じ。
だから、自分が「イイ!」って思う物を身の回りに揃えてるんだろうなって思います。ソニアさんの本見ると「高っけー!」って言う「庶民にはとても手がでないですー。(涙)」なモノも沢山あるんだけど、そこにソニアさんが行き着くまで、自分の感性に素直に生きて来たんだろうなって思います。要は、それが出来る実行力と財力が彼女にはあると。(笑)

結局「嘘の無い生活」ってなんなんだろう。
自分の心の感性とか琴線にふれたものに素直に従って生きるってことかなぁ。
それが高ければ良いとか、海外の有名老舗専門店の商品だから良いとかそういう事ではないと、思うの。でも、心地良い物に囲まれて過ごすってのは「心のゆとりを生む」って事なのかもしれないな。その辺のバランスが大人になればなるほど難しいなと思った今回のGrowing Reedでした。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://omoinokakera6.blog.fc2.com/tb.php/678-65c951cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「東京」という場所。 «  | BLOG TOP |  » 新連載 岡田准一「軍師官兵衛」ルポ @anan No.1887

プロフィール

しぃ。

Author:しぃ。
サンフランシスコからロスへお引っ越ししました!相変わらず建築エンジニアをしています。建物と写真と美味しい物、そしてVの末っ子をひたすら愛でる日々も相変わらずです。

お願い

平家派CDデビューを応援すべく、署名運動をしております。署名はサイト内にございます「署名フォーム」より受付中です。ご興味のある方は是非ご覧下さい。

平家派バナー01

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カウンター

カテゴリ

未分類 (1)
しぃ。の事 (76)
V6 (425)
准くん ごと (40)
准くん ラジオ (26)
准くん 雑誌 (28)
関ジャニ∞ (35)
TOKIO (3)
SMAP (3)
NEWS (15)
テゴマス (2)
嵐 (10)
平家派 (0)
ジャニ事いろいろ (27)
チャット (13)
ちょっとした日常 (55)
拍手&コメントお返事 (40)
トラックバックテーマ (2)
アンケート (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

お友達のブログ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR